toggle
2018-06-24

Hibishirt Exhibition Vo.9 ありがとうございました!

お礼とご報告が遅れました。

6月18日をもちましてヒビシャツ展示会は無事幕を閉じることが出来ました。

手に取ってご覧くださいました皆様、足を運んでくださったみなさま、そして気にかけて下さったみなさま本当にありがとうございました。

今回はお目にかかってみたいと思っていた作家の方々がお越しくださったり、古い友人が可愛いお子さんを連れて遊びに来てくれたり、そしていつもヒビシャツの洋服を愛用して下さっている方々とお話をさせていただく事が出来て本当に嬉しく楽しい時間を過ごさせて頂きました。

 

展示会二日目ではオープン前から店前に人だかりができるほどの大盛況だったランプリールさんの出張販売。残念ながら私が購入する分は残りませんでした。当然と言えば当然です。はい(笑)

しかしドライのリースを沢山拝見させて頂けて眼福でしたよ。これらに使われているドライフラワーもすべて麻子さんが生花からドライにされたもの。ひとつひとつ繊細で優しい雰囲気を醸し出しているのは麻子さんのお人柄なのでしょうね。ため息が出るほど素敵でした。

 

ご注文頂いた皆様につきましては、順番に心をこめてお仕立てさせて頂きます。おひとりおひとりにぴったりと寄り添う1枚を目指してお作りしますのでもうしばらくお待ちくださいませ。

「来年は10年目ですよ、youさん!」とナチュール店主のまきさん。

何と有難いことか…。こうして皆様が愛用して下さっているからこそ続けてこられました。皆様あってのヒビシャツでございます。

これからも皆様の期待にそえるよう日々精進していきたいと思います。

 

普段は作業部屋でひとり黙々とミシンに向かう日々で、特に誰とも会うでも話すでもなく、どうせ私の服なんて誰からも必要とされていない忘れられた存在なんだとネガティブを通り越して卑屈になっていた私の低い低い自己肯定感が少しだけ上がったように思います。

なんでこんなに辛いのに作り続けてるんだろう…と思う事もありますが、洋服を手に取ってご覧いただいた瞬間、袖を通されたときの瞬間の皆様のぱっと笑顔がほころぶ瞬間、あぁこの笑顔が見たいんだと自分に気づかされた5日間でした。

ランプリールの麻子さん、ナチュールのまきさん、スタッフのお母様も本当にお世話になりました。楽しい楽しい時間でした。

 

さて、遠足は家に帰るまでが遠足。展示会は受注分をすべてお届けするまでが展示会です。これから制作の日々に戻りますが今までの私とは少し違いますよ。皆様に支えられている喜びをかみしめながら一枚一枚お作りしていきたいと思います。

本当にありがとうございました!!!

 

 

 

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA