toggle
2017-03-30

ハンドメイド作家のはじめての確定申告①棚卸ってなに?

みなさんこんにちは~。

気を抜くと更新が途絶える縫製担当者です。

確定申告の話題なんて遅すぎて、節分の頃にクリスマスの話をしているようなものですが、まぁいつかどこかで誰かが困ったときにこの投稿を目にしてくれたら(って多分それは私)本望だと思い、少しずつ書き綴っていきたいと思います。

 

さて、今回のテーマは

棚卸しってなに? です。

お勤めの経験をされたことがある方は聞いたことがある言葉でしょう。

私自身も3月末日(法人は3月決算)は棚卸しで大変だった記憶があります。ただその頃は会社の業務のごく一部を担っていただけなので「期末に在庫を数えないといけないらしい」ぐらいの知識しかありませんでした。

そんなあかん私と一緒に棚卸しについてちょっとだけ勉強してみましょう。

 

 

 

棚卸しとは・・・

期末の時点で在庫がどれだけあるか数えることを言います。

めちゃめちゃザックリですがそういうこと。で、そもそもなんで在庫を数えなあかんねん?といいますと、

在庫も資産だからです。(当然と言えば当然なんやけど)

製品、半製品、仕掛品、材料、その他消耗品。全て資産です。在庫をお金に換算するといくらになるか計算します。

 

確定申告とは1年間にどれだけ収入を得たかを申告する事で

収入金額-必要経費で計算されます。

必要経費は売上原価や消耗品費など収入を得るために必要な費用を言います。

(素人目線のかなりザックリ表現です。専門的な詳しい話は各かしこサイト様で確認して下さい)

で、売上原価は

期首(前年度末)棚卸高+年間仕入高-期末棚卸高

で計算した金額となります。

 

と、ここで前回私が大失敗したというお話に戻るのですが・・・

期首棚卸高が分からへんやーーーん!!

 

そうなんですよ。

はじめての確定申告の場合、前年度の期末棚卸高というものがないんですね。

全く材料もなにも持っていない状態で1から買い揃えていった場合は問題ないですが、大概開業届を出した時点でそれなりに在庫を持っている方が大多数だと思われます。

開業届を出した時点、それがいわゆる期首に当たるわけです。

その時点で棚卸しをしておかないと確定申告ができなんですよ、奥さん!

 

前回私がお話ししたこと

開業届を出したら棚卸し!

お分かり頂けましたでしょうか?

これ大事。ほんま大事やで。

 

 

 

実は私の失敗は期首の棚卸しをやらなかっただけではありませんでした。

個人事業主となった年「帳簿の記帳義務ってお金の管理さえちゃんとやっていれば良いんでしょ?チョロイチョロイ♪」なんて思ってまして。しかも年末には「来年分の材料いっぱい買っておけば、経費が増えるから収入減って事になるんじゃない?ウヒヒ・・・」などどバカな事を思いついてしまったのです。

はい、大間違い。

在庫も資産です。←2回言ったで。

材料を沢山買い込んだとしても、手持ちの現金が減るだけで、私自身の総資産額は全然変わらないんですね。

棚卸の際に数えないといけないものが増えただけ。そして現金が減っただけ。

(ノД`)

 

教訓。

期末の在庫は少ないに限る。

 

棚卸しで酷い目にあった私はこの一言につきます。

泣きそうなほど大変だった棚卸しのお話はまた次回の講釈で。

 

 

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA